CEIBS MBA日記

CEIBS MBA日記

2016年夏から中国、上海のChina Europe International Business Schoolに挑戦する日本人のブログです。本ブログの記事は個人の見解であり、所属する組織や団体とは一切関係なく、組織の公式見解等を示すものではありません。

世界のMBAスクールはエグゼクティブ向けサービスで稼ぐ

今週からTerm4が始まった。最近のもっぱらの話題は夏のインターンシップである。
小生は会社派遣のため、インターンには参加出来ないため、インターントークになった際は若干肩身の狭い感じになる。
同級生の様子をみているとコンサル、投資銀行、PE、製薬業界にインターンにいく同級生が多い。

またこのTermでは明確に優先順位が学業から、インターンシップ、卒業後への仕事と移り、Term1、2ではとても優秀だったのに、今のタームでは抜け殻のようになっている同級生もチラホラいる。

エグゼクティブ向けのコース

 

CEIBSには通常のMBAの他に週末だけのPart Timeのコースがいくつかある。
CEIBSの場合、MBA以外のコースは全て、Executive向けのコースとなっていて、Financial MBA(FMBA、中国語)、Executive MBA(EMBA、中国語)、Global EMBA(GEMBA、英語)とある。

一部の欧米の学校がPart TimeのMBAをもっているのに対し、CEIBSが持っておらずその代わりにエグゼクティブのPart Timeのコースが多い理由は、エグゼクティブ向けのサービスの方がより収益性が高いからであろう。
CEIBSのみならず、世界のMBAスクールは、収益性の高いエグゼクティブ向けのサービスの強化に向かっている。

学費の違いは以下の通りである。

EMBA 588,000RMB(=970万円)
FMBA    498,000RMB(=820万円)
GEMBA 628,000RMB(=1,040万円)
MBA      399,000RMB(=660万円) (為替は1RMB=16.5円で計算)

 

そんな言うほど変わらなくね?と思われるかもしれないが、
エグゼクティブコースは週末のみ、GEMBAは月に4日のみでこの値段である。
CEIBSの場合、フルタイムのMBAで稼いでるのではなく(フルタイムは学校のファシリティを存分に利用出来るし、毎日大リーガー並の給料の授業を毎日受けられるし、恐らくトントン、もしくは赤字なんじゃないかと想像する)このようなエグゼクティブ向けのサービスで稼いでいる。
しかも1学年200人弱のMBA生に比べ、エグゼクティブコースは合計で1学年1,000人以上いる。

この他に、企業の幹部やエグゼクティブ向けの研修等も多々やっているが、上記の数字からCEIBSの収益を大体計算することが出来てしまう。

もちろんこれだけの授業料を払える方々だから、社会で既に成功されている方々が更なる知識、ネットワーク構築のためにCEIBSに来ている。
CEIBSの教授陣も、MBA生への授業に比べて、遥かに緊張すると言っていた。

ちなみにエグゼクティブコースは、授業期間中も教室の外に豪華な食事や、デザート等がふんだんに用意される。
こっそり、EMBA生のふりをして、デザートを頂いているのは内緒である。


GEMBAの飲み会にご紹介頂いた。


さてそんな、社会的に既に大変成功されている大先輩方の飲み会にお呼び頂いた。
というのは、日本人の方が一名GEMBAに参加されているからで、日本人繋がりでお邪魔することが出来た。

このようなネットワークの場は大変有り難い。

簡単にGEMBAのおさらいをしておこう。

f:id:ceibs2018:20170331011835p:plain

月に4日集中的に、CEIBSの上海キャンパス、もしくは世界中にあるCEIBSの他のキャンパスに集合して授業を受ける。
シンガポール、インド、バルセロナ、ニューヨーク等々。世界中で授業を受けられる。
さすがグローバルEMBA。

f:id:ceibs2018:20170331011607p:plain

f:id:ceibs2018:20170331011609p:plain

平均年齢はMBAで+10歳程度である。

f:id:ceibs2018:20170331011630p:plain

 

超有名企業の副社長だった方も。。。

 

実際に飲み会に参加させていただくと、誰もが知っている超有名企業の副社長だった方も。。今はそのポジションを退いて、退職して起業して自分でビジネスを始めたという。

皆さん、とても良い方でMBAの若造と気さくに話をしてくれた。

印象的だったのは、日本人でEMBAに参加されている方が、ホワイトデーの少し後だったということで、しっかりと人数分のホワイトデーを用意されていたことだった。

女性陣は大興奮である。

さすがです社長!!

やはりいくつになってもお菓子攻撃は有効だと再認識した。

 

ちなみに飲み会で使用されたバーは、スポーツバーで、バッティングセンターもついている。
中国では野球は全然盛んでなく、基本的に皆下手くそなので、野球経験者はここに行けばヒーローになれるかもしれない。

f:id:ceibs2018:20170331012537p:plain

CAGES Bar and Sports

 

CEIBSの売りはエグゼクティブとの繋がり

 

最近強く感じるのは、CEIBSの売りはエグゼクティブコース含めた、アラムナイ19,000人のネットワークである。
本当に繋がりが強く、こんなよくわからないMBAの日本人でも、皆本当に良くしてくれる。
中国でビジネスをしたかったら確実にこのネットワークが活きてくるだろう。