CEIBS MBA日記

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

CEIBS MBA日記

2016年夏から中国、上海のChina Europe International Business Schoolに挑戦する日本人のブログです。本ブログの記事は個人の見解であり、所属する組織や団体とは一切関係なく、組織の公式見解等を示すものではありません。

1勝10敗の2016年でした。2017年も宜しくお願い致します。

MBAライフ

あけましておめでとうございます。ブログ読者の皆様本年もどうぞ宜しくお願い致します。

f:id:ceibs2018:20170101102202p:plain

f:id:ceibs2018:20170101102205p:plain

 

昨年は人生で初めての事がとても多かった、
1. 復旦大学での語学留学から始まり初めての海外生活
2. MBA留学でのサバイブ 
3. ブログ 
等々。

やりたかったことを表面上やったという意味では大変大きな一年だったし、周りの方々に支えられて本当にいろいろな事にチャレンジする事ができた。とても充実した一年だった。

一方で昨年一年間を振り返って満足しているかと言われると、全然そんなことはなく、むしろどこか悔しい気持ちが残っている。
この悔しさはどこから来るのかと考えてみると「実績を残せなかったこと」なんだと思う。

 

実績にこだわる

特に上記の1と2に関連する実績、もっと具体的に言うと、「中国語」と「MBA」において自分の満足いく実績を残すことが出来なかった。他人から評価される実績も大事だと思うけど、今の自分は他人の評価を気にする必要はないと思っている。

なぜなら、外国人から自分をみればCEIBSで数少ない日本人で中国語も話そうと努力しているように映るだろうし、日本人から見ればMBA留学しているというだけでチャレンジしていて頑張っていると思われる。

こちらの実態が見えにくいから、また外国人だから、日本にいないからというだけでハードルがぐっと下がり、普通にCEIBSで生活しているだけで周りの期待値を超えてしまうことが多い気がする。

だけど自分の自分に対する期待値はそれよりも全然高く、だからこそ昨年一年間もっと出来たはずだと思ってしまうことが多い。

 

それでも一つだけ、自分の期待していた以上に実績を残せたものがある。
このブログである。

ブログだけは予想外。

 
ブログを昨年初めて、正直きちんと続けられるとは思っていなかった。また、予想外に多くの方々に読んで頂き、ブログから予想外の繋がりが生まれたりして、このブログだけは昨年一年間で自分の予想していたものをクリアできた数少ないアクションの一つだと思う。
(↓ちなみに最も多くの方々に読んで頂いたのは最初に書いた社費派遣に纏わる記事でした)

ceibs2018.hatenablog.com

 

というわけで、ブログについては今のペースでこつこつと、それ以外については全然だめなので、実績にこだわって、中国で圧勝するイメージで頑張ろうと思います。