CEIBS MBA日記

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

CEIBS MBA日記

2016年夏から中国、上海のChina Europe International Business Schoolに挑戦する日本人のブログです。本ブログの記事は個人の見解であり、所属する組織や団体とは一切関係なく、組織の公式見解等を示すものではありません。

身体に異常発生

今週から授業が本格的にスタートしたが、緊張と莫大な課題で全く寝れていなかった。

 

自分史上最大のクマが出現

大学時代理系だったことと、部活が朝6時半とか7時とかあったため、徹夜等には慣れていたはずだが、この一週間の方が身体への負担が大きかったらしく、3日目の水曜日の朝起きたら目の下にびっくりするぐらいのクマが出来ていた。若干ましになったが未だに残っている。

この1週間は課題で忙しいこともさることながら、夜になっても全く眠くならなかったことに驚いた。

 

成績の仕組み


他のMBAスクールも同様だと思うが、授業にもよるが成績の20~40%はクラス内での貢献度(発言)で成績が決まる。特に1学期(8〜10月頭)と2学期(10月頭〜12月)の成績で来年の交換留学(CEIBSはカリキュラムで他校への交換留学が組み込まれている、交換留学先は世界トップの40校)先が決まることと、奨学金をもらっている学生は1、2学期で平均以上の成績を取らなければいけないため(CEIBSは奨学金も豊富に用意されている)、皆死ぬ気になって発言点を取りに来る。みんなめちゃくちゃ手を挙げる反応が早い。

MBA CEIBS MBA Exchange Partner Schools | CEIBS(←CEIBS交換留学先)


中には、絶対手を挙げてから質問内容を考えているだろうという学生もいる。

また、発言の少ない学生には「コールドコール」といって突然教授から指名されてクラスメイトの面前で発表や意見を言わなければいけない。地獄である。

筆者もご多分に漏れず、とにかくこの授業内での発言には大変苦労している。とにかくしっかり準備しないと発言も出来ないので、夜はケースを読み込んで、色々質問を想定する。授業がどのような展開になるかわからないので、事前準備にキリがなく最初の一週間は要領を得ずに身体に負担をかけてしまったという反省である。

来週以降は更に課題が増えるので、効率の良い準備が求められる。。大丈夫だろうか。。


ラクロス

身体に異常と言えば、実は今年の前半戦もこっそりと身体に異常が発生していた。

原因はラクロスである。ラクロス中に負傷し、2週間は歩くこともままならなかった。実は今月末から上海では新たにラクロスのシーズンが開幕するのだが、今年の後半はMBAの授業も大変ハードなこともあり、且つ万が一(いや結構な確率で)怪我をしたくないので、今年後半はラクロスをやろうか、やめておこうかかなり迷っている。

f:id:ceibs2018:20160821011220j:plain

 

f:id:ceibs2018:20160821011218j:plain

ご覧の通り、新シーズンに向けて上海ラクロスは、新たに上海とは全然関係のないユニフォームが出来上がり、かなりの盛り上がりをみせている。このコミュニティはこのコミュニティでかなり異常で、ラクロスに対する情熱は皆すごいので、どんな形であれ繋がってたいが、MBAライフが落ち着くまでは練習への参加は難しそうである涙