CEIBS MBA日記

CEIBS MBA日記

2016年夏から中国、上海のChina Europe International Business Schoolに挑戦する日本人のブログです。本ブログの記事は個人の見解であり、所属する組織や団体とは一切関係なく、組織の公式見解等を示すものではありません。

サイドバックをクビになりました

他のMBAスクールに留学中の日本人と話していると、どうやら他の学校に比べて、CEIBSのクラブ活動は相当盛んなようである。
もちろんクラブ活動にもよるが、どこのクラブも積極的にイベントやパーティを開催したり、現役の学生のみならず、OBOGも参加出来るようなイベントや、同じ志をもった、他の中国のMBAスクールの学生との交流の場も積極的に設けている。

そんな盛んなクラブ活動の中で、最もインターナショナルなクラブはどこか(ちなみにインターナショナルクラブというクラブもある。主に飲み会を企画している。)。

それは間違いなくサッカークラブである。

われわれ多国籍軍

 

早速、昨日行われた試合のスターティングオーダーを見てみよう。

 

f:id:ceibs2018:20170424110328p:plain

中国のMBA スクールとは思えない程の多国籍軍である。
他のMBA スクールのサッカー部は8、9割方中国人で占められているのでCEIBSはかなり異色である。
皆、対戦相手の中国人に比べてガタイが良いので、フィジカルで負けることはまずない。特にセンターラインを固めるドイツ人二人とスイス人はガタイマックスである。

参考までにその前の週に行われた試合のスターティングオーダーはこちら。


f:id:ceibs2018:20170424110327p:plain

いつも入っている唯一の中国人はかなりのテクニシャンである。
ガタイマックスのドイツ人めがけて適当にボールを放って、こぼれた球を上手くさばく。

さて、CEIBSサッカー部はMBA リーグやCEIBSリーグ等複数のリーグ戦に参加しているのみならず、今週末には香港遠征(@HKUST)を行う等多忙な日々を送っている。(香港遠征へはまさかのドイツ一人だけ参加)

がしかし、過密日程のわりに、最近皆の出席率が悪い。
総勢30人近くはいるはずなのに、いっつも試合をするにあたって最低人数の8人(MBA リーグ、CEIBSリーグは8人制)ギリギリしか集まらない。

かくいう筆者も、最近お休みガチで、昨日久々に試合に参加したら、
「お前結構久々だな。最近、他のメンバーが調子良いし、ゴールキーパーいないから(インドネシア人の正ゴールキーパー、インド人のサブゴールキーパー共に不在)ゴールキーパーやってもらえる?」
とまさかのサイドバック失格を言い渡されてしまった。
どこの世界もシビアである。

ゴールキーパーじゃ、全然運動にならねーわ。と思いつつ、人数がギリギリだったため(サブのインド人は遅刻して後半から参加)、渋々了承した。

7人集合したのが、試合開始の10分前。
そして対戦相手が昨年のチャンピオンである交通大学と知らされたのが5分前。
人生初ゴールキーパーをやることが決まったのが、2分前である。

(ちなみにCEIBSは昨年2位、惜しくも一試合分勝ち点が足りなかった。ちなみにその原因は、キャプテンが試合日程を勘違いしており、試合当日にCEIBSの部員が誰も集まらず不戦敗となったためである。おちゃめなクラブである)

 

さすがの王者、交通大学


対戦相手の交通大学は、総勢30人は超えるだろう部員+チアリーダーまでかけつける熱のいれよう。
これは試合前から敗色濃厚。

試合が始まると、 緊張した試合展開で、ハイレベルな(?)膠着状態が続く。
途中ドイツ人エースが相手選手と接触し、一人少ない状態での試合を覚悟したタイミングで、救世主の如くインド人が到着。実際はただの遅刻である。

結果、王者に2−0で勝利!この試合の完封勝利に貢献した筆者はしばらくまさかのゴールキーパーでの出場が続きそうである。
運動の機会は、しっかり別に作らなければいけない。。。


ちなみにキャプテンのドイツ人はサッカーにだけは情熱がすごく、今年に入って、1分間の遅刻につき10元の罰金というルールを導入した。
それでも遅刻者が後をたたないので、しばらくはこの溜まった罰金でサッカークラブの飲み会の費用は大丈夫そうである。

昨日の試合の写真を撮り忘れたので、先週木曜日、EMBAやプロフェッサーたちとのフレンドリーマッチの様子↓

f:id:ceibs2018:20170424140418j:plain