CEIBS MBA日記

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

CEIBS MBA日記

2016年夏から中国、上海のChina Europe International Business Schoolに挑戦する日本人のブログです。本ブログの記事は個人の見解であり、所属する組織や団体とは一切関係なく、組織の公式見解等を示すものではありません。

人事部の重要性 in 中国

MBAライフ

今日朝ふとスマホに目をやるとまたしても儀式が始まっていた。

f:id:ceibs2018:20170319234351p:plain

今回はそこまで有名でない同級生だっため、長時間この儀式が続くことはなく、割りと早めに終わった。
この儀式でその同級生の知名度、人気具合も見ることが出来る。

HR

Term 3で選択した授業の中で、とても面白かった授業の一つにHRの授業があげられる。

筆者は、MBAのケースや会社訪問を通して、中国で成功している企業の、企業文化や社内制度に大変興味を持ち、Term 3でこの科目を受講したが大当りだった。

プロフェッサー自身はカナダ人だったが、とても中国事情に精通しており、ケースの4割くらいは中国ネタだった。
また、最後のグループプロジェクトでは、筆者のグループは筆者がリーダーとなって、ある日系大企業の分析、プレゼンをして、教授とのディスカッションも出来たため、日本企業の人事制度について教授の意見も聞くことが出来とても有意義であった。


中国の労働市場

中国の就職事情、転職事情については、どのようなイメージをもっているだろうか。

毎年たくさんの中国人が海外にMBAとりにっているし、国内も立派なMBAスクールが整備されてきているし、買い手市場なんじゃね?

低賃金の労働者によってIT産業が支えられて(例えば街中の外卖のドライバー)、日本人には想像出来ないくらいITサービスが充実してるけど、今後人口が減っていくと聞くし、今後はこんなサービスも難しいんじゃないか。

そう思っている人もいるでしょう。

f:id:ceibs2018:20170319222707p:plain

(Source Talent tensions ahead: A CEO briefing | McKinsey & Company)

ところがどっこい上のグラフを見てほしい。

McKinseyのレポートによると、2020年までに、Middle, Lowスキルの労働者の供給は需要に対して更に増えるのに比べ、
Highスキルの労働者の供給は需要に対して更に足りなくなる見込みである。
今時点でさえ、Highスキルの労働者の供給が足りないのに、更にこのレベルの労働環境は売り手市場になるということである。

この外部環境も、CEIBSの卒業生することによって給与がとても上昇する一つの大きな要因である。

 

HRの重要性


加えて知っていただろうか。

 

f:id:ceibs2018:20170319224759p:plain

f:id:ceibs2018:20170319224743p:plain


(上の資料は少し古めの数字だが)

実は中国の一年間の平均離職率はざっくり19%で、世界で一番離職率(転職率)が高い国である。

つまり今起こっている状況としては、ハイスキルのマネージャー層の争奪戦が企業間で行われており、皆、賃金のより高い会社、高い会社へと移っている状況である。

従って中国で転職はとても当たり前のことである。

だがしかし、あまりにも離職率が高いため、中国企業も賃金以外の何かを充実させ、
自社の離職率を下げようと必死になっている。
当然それで成功している会社もあり、そういった会社がケースとして取り上げられる。

しかしながら中国の例は別だが、国や業界によっては必ずしも離職率は悪者ではない。

例えば離職率が低すぎるため、企業の文化や業態を変えようとする際に、外部からの人材を登用しにくかったり、既存社員の変化への抵抗が激しく、結局変化への障害となるケースも有る。
企業が変わる際に、若干の離職率のアップは基本的には避けられないのである。

各国、各業界で最適な離職率があると思うが、授業を通じて中国の離職率の高さとマネージメント層の人材不足という現実にはとても驚いた。

中国的誕生日の祝い方

WeChat上では、いくつか慣習のようなものがある。
筆者があまり好きでない慣習の中の一つに、グループチャット内での誕生日の祝い方がある。


f:id:ceibs2018:20170319235518p:plain

 

コピペっ!!


同級生200人のグループで誕生日の人を祝う、この縄らし。
誰かがHappy BirthdayのコメントをWeChatにするとみんな一斉にコピペを始める。

同級生は200人いるので、かなりの頻度で発生するこのイベント。
朝起きると100件位未読のメッセージがあって何かと思うと全部このコピペだったりする。

自分でコメント位考えろや、このど○ホどもが!こんなコメントもらって嬉しいわけねーだろ!

しかし、かくいう筆者もMBAが始まった当初はこの習わしにそって、コピペしていた。(大反省)

だが、すぐに問題が起こった。

朝起きて、この習わしが発生しているときは、秒速でコピペでグループチャットにコメントするので、実際誰の誕生日だか確認せずにコメントしていることが多々あり、
日中そのクラスメイトにあってもその日が誕生日ということを忘れて会話していたのである。

これはまずいと思い、筆者は直接その誕生日の同級生宛にメッセージを送る方法(普通である)に切り替えた。

彼らがグループチャットでコピペすることは、はっきり言って誕生日の人へのメッセージというより、グループチャットの200人の同級生に、私はちゃんとこの同級生の誕生日をちゃんと忘れずに祝福していますよ。というアピールの意味の方が強いのではないかと思っている。

なぜならば中国ではPeer Presure(同級生からの同調圧力)が半端ないのである。

 

選択科目の選び方


Term 3からは自分で選択科目を選択することが出来る。また卒業までに選択科目を20単位分とらなくてはならない。
Term3は選択科目のみならず、必修科目も未だあるので、当然ながら選択科目をたくさん取れば、その分こなさなければいけないタスクも多くなり、忙しい日々となる。

一応学校からガイドラインのような、各Termでこれくらいの選択科目をとったら良いですよという目安(Term 3は0-6単位が目安)が事前に渡されている。
しかしながら、筆者の同級生は、そのガイドラインを大きく上回る選択授業を受講してる同級生が多く、死にそうになっている。

筆者は学校の教えに忠実に、また一つ一つの科目が適当になって成績が悪くなるのが嫌なのと中国語の勉強に時間を割きたいため、5単位分の授業をとっているのだが、同級生から数回「なぜお前はそれだけしか選択科目をとっていないんだ」と質問されたことがあった。

今後Term 4以降これだけの選択科目を取るつもりだから問題ないと回答し、逆になんでそんなに選択科目をとっているんだいと聞くと、同級生がたくさん取っているからという。
彼らも我々の代の同級生のPeer Presureはとても強いと言っていた。

なので、Term 3に受講してる選択科目の数は、中国人の方が外国人よりも圧倒的に多い(外国人は全然周りが何単位とっているとか気にしない人が多い)という現象が今のところ起きている。

 

またこの同級生からの圧力は、交換留学先を決めるビッドに置いても強く働いた。良い交換留学先には希望者が殺到し、争奪戦が勃発するのである。筆者も巻き込まれたこの争奪戦については追って書きたいと思う。


中国経済に関する記事を書こうと思って、どうでも良い前置きを書いていたらこんなに長くなってしまった。こんなブログがCEIBSの公式ブログとは我ながらびっくりしている。
次回以降もどうでも良い中国事情について書きたいと思う。

CEIBS×TED 2017

MBAライフ

上海は、まだ少し肌寒いが少しずつ温かくなってきて過ごしやすくなってきた。
CEIBSのキャンパスはとても美しく、季節が良くなってくると皆、外で読書したり、ギター引いたり、昼寝したり思い思いのことを外でしている。

f:id:ceibs2018:20170315181349j:plain

f:id:ceibs2018:20170315181351j:plain

f:id:ceibs2018:20170315181353j:plain

f:id:ceibs2018:20170315181355j:plain

f:id:ceibs2018:20170315181356j:plain

(↑これはよくわからないが、何かのドラマの撮影をしていたらしい)

イベント盛りだくさん

先週土曜日にVCICのイベントが終わったばかりだが、次から次へと大きなイベントが待ち構えている。

ちなみにVCICの翌日日曜日にもCSR系のイベントがキャンパス内で行われていた。どのイベントも全て同級生が主催しているので、参加したいのだが、疲労困憊でCSRのイベントには参加出来なかった。

f:id:ceibs2018:20170315181853j:plain

 

INNOVATEChina 2017

 

 来週末にはINNOVATEChinaというコンペが行われる。
動画もかっこよく仕上がっており、意気込みが伝わってくる。

INNOVATEChina 2017 Business Plan Competition | CEIBS

v.qq.com

こちらのイベントは、世界中でブームになっているフィンテックにテーマを絞ったコンペティションである。
中国でもフィンテック熱はものすごく、今回のコンペの優勝賞金は100万円を超える。
Santander、eToro、Tecent等がゲストスピーカー、審査員として参加し、
招待しているMBAスクールもビッグネームが並ぶ。

The Wharton School
Booth School of Business
Kellogg School of Management
Columbia Business School
Yale School of Management
INSEAD
London Business School
IESE Business School
Said Business School
Melbourne Business School
NUS Business School
CEIBS

 

フィンテック系の勢いは、日本より中国の方が断然ある。
中国では電子マネーが普及しており、筆者は今年に入ってから外出する際に財布を持ち歩くことをやめた。


CEIBS×TED

そして、来月中旬にはCEIBS主催のTEDが待っている。

TEDxCEIBS 2017 聚于中欧,改变未来!

 

f:id:ceibs2018:20170315185433j:plain

f:id:ceibs2018:20170315185334j:plain

今年のキャッチフレーズはRE(DE)FINE、ものすごい勢いで変わり続ける中国を象徴している。

 

以下は昨年のTEDの様子である。

(ピラミッドの会場で行われる↓)

f:id:ceibs2018:20170315185841j:plain

f:id:ceibs2018:20170315185847j:plain

f:id:ceibs2018:20170315185859j:plain

f:id:ceibs2018:20170315185905j:plain

f:id:ceibs2018:20170315185910j:plain

f:id:ceibs2018:20170315185915j:plain

 

CEIBS、中国の勢いを感じる今日この頃である。