CEIBS MBA日記

CEIBS MBA日記

2016年夏から中国、上海のChina Europe International Business Schoolに挑戦する日本人のブログです。本ブログの記事は個人の見解であり、所属する組織や団体とは一切関係なく、組織の公式見解等を示すものではありません。

CEIBSで一番になる

今日部屋に戻ると

f:id:ceibs2018:20170624222316j:plain


何と大好物のチョコレートが!!これは同級生からのラブレター付きか!
と期待したら

f:id:ceibs2018:20170624222304j:plain

そう!来週月曜日から一個下の代のPreコースが早くも始まる。
新たに2人の日本人がCEIBSに加わるので、彼らからのお土産でした!
彼らは今日から入寮しているのである。

自分がCEIBSに入ってからもう一年も経つのかと思うと非常に感慨深い。

学校に一番貢献した人


Student Ambassador(SA)の解散セレモニーが行われた。これから一個下の代が夏に入ってくるので、SAの仕事も一個下の代に引き継ぐことになる。

ceibs2018.hatenablog.com

SA各個人がどれだけ学校に貢献したか、というのはService Hourというもので表される。
例えば、なんかの説明会にスピーカーとしてお手伝いで参加したらService Hourが◯時間追加、のような感じで各個人のService Hourが積み上がっていく。

またCEIBSは奨学金を多くの学生に出すが、奨学金の条件に、Service Hour◯◯時間以上することと、条件がつけられているケースが多い。
そのためCEIBSを外に発信してCEIBSの良さを多くの人に知ってもらいたい!
CEIBSにもっと才能あふれる人が入ってくるように貢献したい!
といった志の人ももちろんいるが、奨学金のService Hourの条件をクリアするために渋々学校の活動に協力している同級生も一定数いた。

そんな中、Deanから1年間で最も学校に貢献した学生(最もService Hourが多い学生)が表彰された。

 

それが筆者である。

f:id:ceibs2018:20170624222340j:plain


実は今年の始めの段階で自分の貢献度がその時点で一番であることは分かっていた。

f:id:ceibs2018:20170221233125p:plain
(一番左が筆者)

ceibs2018.hatenablog.com

しかしながら、奨学金のService Hourの条件をクリアするために、終盤ものすごい勢いで学校のお手伝いをしている他の同級生をみて、
特に奨学金をもらっていない筆者は、終盤集中的に学校のお手伝いをしたわけではないので、厳しいかなと思っていたので大嬉しかった。

CEIBS入学時に立てた目標半分達成

何より、CEIBS入学時に立てた目標をしっかり達成できたのが嬉しかった。

せっかくMBAに行くからには、何かでしっかりと一番になって認められたい。

もちろん普通にMBAの生活を送るだけでも、得るものはものすごく多いし、成長するのはわかるんだけど、せっかくならしっかりと爪痕を残したい。
出来れば一番になりたい。欲張りである。

ということで、CEIBSのハンドブックをみてみると卒業式で数人表彰されることが分かった。
それは「成績優秀者」で選ばれる人と「学校への貢献度」で選ばれる人がいることが分かった。

成績優秀者に選ばれる夢は、初めて受けた授業Accountingの最初の30分で諦めた。
そこで、学校への貢献度NO.1に選ばれるために筆者が決めたことは

どんなに忙しくても
学校に貢献出来るチャンスがあれば全参加。
イベント(飲み会)は基本的に全参加。


結局、脳みそで勝てないので、体力と献身性で勝負することを初日に誓ったのである。

というわけで最初に設定した目標を達成出来て大変嬉しい。

実際そうやって学校側の信頼を勝ち取った結果、普通ではあり得ないような相談を学校からしてもらったり、頼ってもらったり、自分自信大変良い経験になった。

今の方向性は間違っていないと思うので、このまま卒業式まで突っ走りたい。

 

Year End Party

先日、日経新聞にMobikeが日本にやってくる記事が載っていた。

www.nikkei.com

丁度たまたまその時、日本から友人が来ていたので、早速みんなに紹介してみた。

f:id:ceibs2018:20170621133849j:plain

Mobike(及び他の共有チャリサービス)の利用にはアカウントを作成する必要があるが、少し面倒である。
外国人の場合、パスポートの写真等をMobikeに送り、アカウントが承認されるのを待つ必要がある。アカウントの承認には4時間くらいかかるので、事前にアカウントを作ってから来た方が良い。

今回、Mobike(オレンジ)の他にOFO(黄色)と小鸣单车(水色)と全て別々のサービスを体感してもらった。
後発の小鸣单车はMobikeやOFOに比べて使いづらいという意見で一致した。

この旅行中、上海を案内したが、友人たちはキャッシュレスの生活やDidi(中国版Uber)の便利さに大変驚き、ウィーチャットで支払いの度に顔がねじ曲がるくらい驚いていた。

Year End Party

5月下旬にYear End Partyが行われた。
会の趣旨は、
1. 無事ハードな一年間を乗り切ったお祝い(一部乗り切れてない者あり)


2. ここから皆交換留学やダブルディグリーでバラバラになってしまうので、ここで最後に派手に飲み思い出を作る

というただの飲み会である。
ということで、写真中心に紹介したい。


場所は上海の外滩の見渡せる最高の場所。

f:id:ceibs2018:20170609123555j:plain

f:id:ceibs2018:20170609122807j:plain

なぜか一人用カラオケも完備↓

f:id:ceibs2018:20170609122754j:plain

ご飯はMBAの卒業生が起業した、パーティ用デリバリーの会社の食事を堪能↓

f:id:ceibs2018:20170609122751j:plain

f:id:ceibs2018:20170621140608j:plain

会はなぜか、どっかの劇団かなんかの小芝居からスタート(CEIBSの学生ではない)

f:id:ceibs2018:20170621140752j:plain

誰も聞いてない。


その後謎の集団によるダンス

f:id:ceibs2018:20170621140938j:plain

f:id:ceibs2018:20170621140900j:plain

f:id:ceibs2018:20170621140708j:plain

Student Committee(学生のMBAう運営側)によるパフォーマンスであった。
彼らは勉強に加えて、我々がよりよりMBAライフを送れるようにたくさんの労力を割いてくれた、本当に頭が下がる。

そこから各種出し物が始まったが、外がとても気持ちよく、夜景も綺麗なため、
ここから皆ほとんど出し物は見ずに、外で酒をのみつつおしゃべりをしていた。

f:id:ceibs2018:20170621140911j:plain

f:id:ceibs2018:20170621140713j:plain

f:id:ceibs2018:20170621140650j:plain

いつもより気合いの入っている中国人女性同級生たち↑

そんなこんなで9時くらいからはDJが来て、皆順次適当な感じで解散していった。


 

同級生起業家対談 in CEIBS

先日他の国のMBAに通われている方が上海に来たので、ご飯一緒にさせて頂いた。面白かったのが、CEIBSの起業家率に驚いていた。

そのMBAスクールの同級生の多くは、如何に条件の良い大企業に入るかということに執着しているということだった。

 

起業家対談

CEIBSには既にたくさん成功している起業家がいる。
皆互いに成功の秘訣等を共有することで、自分の事業に繋げようとするとする同級生が多いのだが、その中でも皆話を聞きたいが、なかなか忙しくて彼の話を聞ける機会がないという同級生がいる。

Rolexである。

f:id:ceibs2018:20170609125006j:plain


このブログでも度々紹介している彼。
彼は自分の事業が予想外に成功し過ぎて、忙しくて一つ上の代から我々の代へ一年間Deferしてきた。
また週末や、授業が終わった後に車を走らせて自分の会社がある故郷に戻ってマネージメントをしているので大変忙しく、なかなか彼が捕まらないのである。

ちなみに自分はロレックスと一年以上前から知り合っており、仲が良いのでたまに同級生から彼と繋げてもらうように依頼をもらったりする。

ceibs2018.hatenablog.com

ceibs2018.hatenablog.com


連続起業家のカナダ人同級生

 

そんな中、連続起業家のカナダ人同級生が、カナダでパン屋事業を開始したので、
是非中国で成功しているロレックスの話を聞きたいということで、
この2人の起業家飲み会をセッティングした。

ロレックスから指定された時間は、9時半からという若干遅めの時間。
さすが人気者、忙しいんだな。と思って9時半になって待ち合わせの場所で待っていても彼は現れない。

とてもデカイ声が、近くの場所から聞こえてきて、行ってみると

f:id:ceibs2018:20170609125007j:plain

ロレックスが自分の事業について、中国語で中国人同級生向けに説明していた。

結局彼の講演が終わるまでまって、10時くらいになって近くのバーへ。


カナダ人の起業家の同級生は、弁護士でもあり、現在カナダで新たなパン屋さんの事業を展開しはじめたところである。
これが三つ目の会社ということ。普段は上海にいながらコントロールしているが、夏休み期間以上はカナダに戻ってマネージメントに専念するということ。

彼の悩みは2人の子供と愛する妻のため、安定的な収入が得られる別の道+副業としてパン屋経営もMBA後の進路として考えており、今まさに悩んでいるということ。

f:id:ceibs2018:20170609124933j:plain

更に利益率や売上、今後の事業展開について、カナダ人同級生の状況を聞いて、
自分の経験を元に、自分の意見を述べるロレックス。

そして最後にロレックスから飛び出したカナダ人同級生への最強のアドバイスが、

 

f:id:ceibs2018:20170609125006j:plain

明治維新の精神を学べ!!!

 

f:id:ceibs2018:20170609141255p:plain

というものだった。


本当は、今回のブログで先月行われたYear End Partyの紹介をしようと思ったのだが、
ロレックスに多くの字数をとられてしまったので、Year End Partyについては次回紹介したいと思う。

 


ちなみに彼は日本製の洋服を愛用している(EVIUS)。
派手な服を来たほうが、若くみえるからという理由だった。