CEIBS MBA日記

CEIBS MBA日記

2016年夏から中国、上海のChina Europe International Business Schoolに挑戦する日本人のブログです。本ブログの記事は個人の見解であり、所属する組織や団体とは一切関係なく、組織の公式見解等を示すものではありません。

激動のフィナーレ(サッカー版)

筆者は今国際学生リーダーシップシンポジウム(USLシンポジウム)に参加するためバンコクに向かっている。

www.youtube.com日本人で参加される方がいれば、是非現地でお会いしましょう!

 

上海頂上決戦!!

 

先日、サッカーのMBAリーグの決勝戦が行われた。
正確に言うと、MBAリーグはリーグ戦のため総当り戦なのだが、最終戦は全勝対決となったため、事実上の決勝戦となった。

われわれCEIBSは途中プレイヤーの配置転換(筆者のディフェンス戦力外通告→ゴールキーパーへの配置転換含む)などを経て全勝をキープしていた。

対戦相手は、上海交通大学。
実は予選で上海交通大学を撃破していたのだが、上海交通大学は普通のMBAのチームと、決勝であたったFMBA(Finance MBA)のチームと2チームが参加していたのだった。

ともかくこの日に向けてやる気満々のCEIBSチーム。皆勢いを感じており、当日の勝利を確信していた。
優勝の前祝いのために、ザリガニを食べにいき、盛り上がるCEIBSチーム。

f:id:ceibs2018:20170729195143j:plain

f:id:ceibs2018:20170729233535j:plain

(いつも白酒でドリンクゲームをするため大部分が死亡する(翌日の授業欠席者多数))

 

決戦の日


そんなこんなで試合当日がやってきた。
MBAリーグは開始時間いつも遅く大体21時くらいにキックオフである。
会場に到着すると、どうも様子がおかしい。

相手チームの人数がめちゃくちゃ多い。50人くらいいるんちゃうか。。

20人位のチームのはずなのに。。。

 

ここでドイツ人のキャプテンから衝撃の情報がチームメイトに伝わる。

 

上海交通大学は、もう一つの上海交通大学チームのみならず、今まで対戦した全てのチームから、上手いプレイヤーをたくさんリクルーティングして、今日の試合に招集して、最強チームを作ってきたらしい。

 

。。。そんなんありかい!!

 

ここで我々のスタメン(国籍)紹介。

 

f:id:ceibs2018:20170729234348j:plain

実は我々も今回は、一つ上の代からとても優秀な中国人DFを数名招集していたため若干中国人比率が高くなっていた。

しかし実はこれが後々仇となる。
ちなみに筆者は安定のゴールキーパーでの出場である。

ceibs2018.hatenablog.com

ceibs2018.hatenablog.com


最終戦ということでたくさんの同級生が応援に駆けつけてくれて盛り上がっている中で

試合開始!

中盤を支配するCEIBSイレブン。


一方最強メンバーを揃えたきた相手チームの戦略は、何と、ともかくロングボールをゴールキーパとDFの間くらいに放って、こちらのDF陣のクリアミスを狙うというシンプル且つ草サッカーにありがちな戦術。

そんなにたくさん上手いメンバー揃える必要あったんかな。。。

しかしこの相手チームの戦略が、じわじわと効いてくる。一個上の代から緊急招集した中国人DF達と初めてのプレーのため、みななかなかコミュニケーションがとれずに、何度も危ない場面を迎える。


ともかくすったもんだあり、白熱の展開が続き終わってみると

 

0−3でCEIBSチームの完敗!!

 

茫然自失のCEIBSイレブン。

ともかくこうして、筆者のサッカージャーニーは幕を閉じた。

 

その後、副キャプテンの中国人同級生の提案で、打ち上げに行こうと、いうことで行ってみると、、、

 

サプライズで、決勝を戦った上海交通大学の皆さんとの合同の飲み会がセッティングされていた。しかも今までのCEIBSサッカー部発足からの感動むーびー付き。

 

f:id:ceibs2018:20170729195129j:plain

しかしながら負けてテンションガタ落ち+夜遅い+シャワー浴びずに飲み会+決勝で負けている状態だったので多くの選手が試合に出れず

ということで基本的に試合に出ている面々しか集まらず。

 

f:id:ceibs2018:20170729195149j:plain

何とも言えない雰囲気の中、準優勝カップでビールを一気飲みするキャプテン(ドイツ人)
お酒を入れるスペースは日本酒のおちょこくらいのサイズである。

総評

小生のサッカージャーニーの感想を言うと、

本当にけがをしなくて良かった!

これに尽きる。

なぜなら、実はこのサッカー部の活動期間中に5人が重度のけがを負った、また他のクラブでもかなりの数の同級生が大きなけがをしている。
コンサルティングプロジェクトの我々のチームのリーダーも実は、バスケットボールの活動中に重度のけがをして、手術までしたのである。

↓こんな感じになる

 

f:id:ceibs2018:20170730010428j:plain

f:id:ceibs2018:20170730010415j:plain

f:id:ceibs2018:20170730010447j:plain



なぜこんなことが起こるのか、それは我々が運動不足のおっさんだからである。

学生に戻ったということでみんなはしゃいで全盛期のイメージで運動をするが、
受験でなまりになまり、CEIBSに入ってからもなかなか運動する機会もなく
ゆって平均年齢30歳の団体である。

筆者がけがをしなかったのはラッキーという他ない。
いやーラッキーでした。