CEIBS MBA日記

CEIBS MBA日記

2016年夏から中国、上海のChina Europe International Business Schoolに挑戦する日本人のブログです。本ブログの記事は個人の見解であり、所属する組織や団体とは一切関係なく、組織の公式見解等を示すものではありません。

キャンパスビジットにきた日本人にCEIBSの感想を送ってもらった。

先日面接兼キャンパスビジットに日本人が来てくれた。
キャンパスビジットに日本人が来る際は、普通は昼飯一緒に食べて、1コマ(1時間半)授業を一緒に受けるだけである。
しかしながら、その日は7時過ぎまで授業があったので、その場の流れで
昼飯食べてキャンパスぶらぶら歩いた後に、
2時から7時過ぎまで一緒に授業→そのまま一緒に夜飯に火鍋→足つぼマッサージ→同級生の誕生日パーティと
日付が変わって同級生の誕生日になるまで、一緒にいて(連れ回して?)ナマのCEIBSライフを体感してもらった。

 

以下キャンパスビジットに来てくれた日本人アプリカントの感想をそのまま載せる。

リアルな感想文を有難う御座います!!m(_ _)m


感想は主に3点。

Open Mind

f:id:ceibs2018:20170429222051j:plain

1個目はMore openです!ていうかopener than I expectedというところです。まず、なんか中国って閉鎖的な偏見がありましたが、上海含めそんな事はありませんでした。何より日本人お二方のおかげもあり、生徒の皆さんが気軽に話しかけてくれます。皆さんのEQが高いのかもしれません。ビジットした7校中1番フレンドリーでした!他の学校では日本人ですらこっちから行かないと、話に入れない雰囲気がありました。学年によって変わるのか知りませんが、皆さん気さくで、自信が伝わってきます。

 

International

f:id:ceibs2018:20170429222113j:plain

 

2個目はMore Internationalでした。これは、他のMBAスクールと比べるとdiversityに欠けるのではという懸念を持っていましたが、そんな事はあまり感じませんでした。特に、授業でEUのトピックだったこともあり、けっこうユーロいるなと眺めていました。また国籍で教授が生徒を探していたので、日本人として代表して授業に臨まないとという緊張感を感じました。特に日本人は数が少ない分、自分自身が日本人であることを強く意識しないといけないと感じました。

 

Inspirable

f:id:ceibs2018:20170429222136j:plain

3個目はMore inspirableです。これは思っていた以上にということです。ブログを拝見させて頂き、お二人と話していてももともとそれは感じていましたが、より強く感じました。キャンパス歩けば、スーパーマンに当たるという感じで、負けられないなと感じ、モチベーションになります。でもって、公私ともにアクティブなのが、スーパーマンの証なのか、略奪愛のハゲの人やら、TED主催や、ケースコンペなど、皆んなどこで寝てるのか気になるぐらいアグレッシブかつアクティブで、刺激になりました。

 

あと他には、マンダリン学ぶなら中国MBAですね。香港やシンガポールでは英語に頼れてしまうので。ここはマジで覚えないと、キャンパスに閉じこもる羽目になると感じました。そういう意味でトライリンガル目指すには良い環境だと思います。キャンパスは綺麗で、バスケコートがあるのが僕には最高です!笑

以上です。上から目線で失礼致しました。ここは本音ですが、受験の最後に第一志望を見つけたような気がします。ですので、これからの人に伝えたいのは、ランキングやデータ、SKYPEも大事ですが、visitして、来て見て触って決めたほうが良いと思います。特に中国はメディアの偏向報道多いですので。あと女の子の質もチェック出来ますので笑