CEIBS MBA日記

CEIBS MBA日記

2016年夏から中国、上海のChina Europe International Business Schoolに挑戦する日本人のブログです。本ブログの記事は個人の見解であり、所属する組織や団体とは一切関係なく、組織の公式見解等を示すものではありません。

Amazing 西安(Part 2)

4プロ野球の大谷選手がSports Illustratedにとりあげられてましたね。
一緒に旅行した韓国人も韓国のメディアに取り上げられていたニュースをみせてくれて、韓国でも話題になっているということでした。
今年大リーグに挑戦するのかどうか、とても楽しみですね。

www.si.com

 

旅行二日目

二日目は、「兵馬俑」に向かう。朝飯を適当に食べた後、出発。現地についた時には、昼飯時になっていたので、昼飯を食うことに。
なんとここで、ガイドが選択したのはケンタッキーフライドチキン(KFC)!!

しかしこのチョイスは、今から思うと最高のチョイスだった。なぜならこの昼飯以外に、振り返ると中華以外の料理を食べる機会がなかったからである。

一旦の口直しという意味でもなかなか良いチョイスだったと思う。

ちなみに中国のKFCでは、商品を注文する際に列に並ぶ必要がないのをご存知だろうか。
どういうことかというと、レジの横にある、QRコードをスキャンして、その場でネット上で注文、支払いも完了させてしまうので、後は、レジから商品が呼ばれるのをまつだけなのである。
レジで注文しているのは基本的に外国人くらいしかいない。

更にこれは、有名な話だが、中国ではKFCはマクドナルドよりも遥かに成功している。

f:id:ceibs2018:20170408171540j:plain

店舗数は何と2倍以上。 
中国に最初に来るとKFCの多さに違和感を覚える人もいるかもしれない。

KFCの成功の理由は色々と言われているが、徹底したローカライズが成功の秘訣だと言われている。

中国のKFCでは中国でしか食べられないようなメニューがたくさんあり、それらは日本でも、アメリカでもみることが出来ないようなものである。

筆者も中国のKFCの方が、日本のKFCより大分好きである。


KFCを堪能した後に 実際に兵馬俑をみに館内へ。はっきり言って西安ツアーの定番どころである。

違うのは、(同級生の)ガイドが我々の中国の歴史に対する好奇心を満たすために、本物のプロのガイドを雇ってくれたが、当然ながら中国語のガイドだったため、小生の中国語力では全く理解出来ず、(同級生の)ガイドに逐一解説をお願いした。

f:id:ceibs2018:20170408172128j:plain

(中国人ツアーガイドの説明を受けている図↑)

f:id:ceibs2018:20170408172059j:plain

(↑兵馬俑)



兵馬俑とは?

始皇帝陵から東へ1.5キロの地点に、世界八番目の不思議とも呼ばれる兵馬俑坑がある。1974年3月、かんばつに窮した地元農民が井戸を掘り始めたところ、二、三メートル掘ると変わった陶器の破片が見つかった。考古学者の鑑定により、ここに始皇帝の地下近衛軍団が配置されていることが初めてわかった。この偶然の発見によって、地下に二千年も眠っていた世界を驚愕させる兵馬俑がようやく日の目を見た。坑は発掘順序に基づき一合坑、二号坑、三号坑と名づけられた。

最大の一号坑は長さ230メートル、幅62メートル、深さ5メートル、総面積14260平方メートル、兵馬俑の数は約六千体、二号坑は6000平方メートル、俑の数は千体余り、三号坑は500平方メートル、俑の数は58体に過ぎず、規模が一番小さいが、地下軍の司令部に当たる。一号坑は今なお発掘を続けているが、中は土掘によって区切られ、上に丸木を掛け、その上にゴザを敷き、表は2メートルの土で覆われている。前衛部隊とその四方に立っている警備隊に守られ、主力軍は38列に分けられ、東に向かい整然と列を組んでいる。

兵隊俑の平均身長は180センチ、上半身は空洞だが下半身は空洞ではない。顔の表情はそれぞれ異なり、身分により服装もまちまちでだが、共通しているのは、いずれも手に武器を握っていることだ。一部の俑にはまだ色彩が残っている。馬の高さは1.5メートルで西域の大宛の馬に似て、足が速いと言われている。兵馬俑はこの場所の付近の粘土を材料にして、彫刻などの手法を施し、最後に窯に入れて焼いて作られた。殉死制度のあった時代に人間に代わって陶製の人形を殉死品とすることから、人類文明の進歩を窺うことができる。(AraChinaより引用)

兵馬俑, 世界八大奇跡の一つ - AraChina中国旅行

 

中国の歴史を堪能した後、西安で有名なショーを見に行くということに。

移動している間に、中国人同級生が数人居なくなったと思ったら、大きい公園で踊っていた。
 

このような大きな公園では、皆思い思いの舞を行っており、基本的に勝手にジョインしても何も言われることはない。


軽い運動を経て、いざ西安のショーを見に。
内容は西安で有名な古代の逸話で、昔の王様が最愛の妻を政治的な判断から
泣く泣く殺さなければならなかったという話。

f:id:ceibs2018:20170408223803j:plain

f:id:ceibs2018:20170408223805j:plain


全く期待していなかったが、
屋外で、様々な演出が施されていておもったよりもずっと楽しむ事ができた!!