CEIBS MBA日記

CEIBS MBA日記

2016年夏から中国、上海のChina Europe International Business Schoolに挑戦する日本人のブログです。本ブログの記事は個人の見解であり、所属する組織や団体とは一切関係なく、組織の公式見解等を示すものではありません。

MBA的西安旅行(Part 1)

筆者は最近口内炎がひどい。
口内炎ができると悩ましいのが、英語・中国語で特定の発音をする際にすごい痛いので、発音が適当になってしまうことである。
日本語は舌を動かす幅が少ないので問題ないが、英語・中国語はそうはいかない。

例えば中国でrの発音をする時、温かいコーヒー(rè kā fēi)を注文する時に、思いっきり舌を丸めて奥まで引っ込めないと通常伝わらないのだが、
適当に発音すると、店員が聞き取れないか、もしくは、だっせぇ発音してるな、こいつ何人だよ。という明らかにバカにした顔で見てくる。

口内炎が痛くて本領発揮できないだけだバカにするな!と反論したいところだがそんな語彙力はない。

MBA的西安トリップ


中国の休暇が4日間あったので、同級生達と西安に行ってきた。
今回の旅行は、西安出身の同級生二人(「ガイド」とこの記事の中では呼ぶことにする)が入念に企画してくれたものである。
参加者は、筆者、カナダ人(中国生まれ西安出身、カナダ育ち)、韓国人(北京大卒、中国歴10年以上につき中国語ペラペラ)と他10人の中国人ということで、会話の99%は中国語という旅行であった。

 

スケジュールは以下の通り。同級生が企画すると休みなくみっちりとなる。

f:id:ceibs2018:20170404210421j:plain
(中国語の予定表をそのまま転記して、手抜きをして申し訳ありません。左が山登って朝日をみる勇気がある人用、右がない人用)

旅行初日は、連休の初日ということと、中国の飛行機は基本的に朝イチの飛行機を逃すとかなりの確率で遅れるという特性を鑑み、朝4時45分に校門集合で6時台発の飛行機で西安に向かった。

ちなみにこれらの飛行機の手配、ホテルの手配等筆者は一切関与せずにフリーライドさせて頂いたm(_ _)m

 

飛行場に着くと、連休初日ということもあり、めちゃくちゃ混んでいた。
早速中国人同級生が、出発まで時間がないから、列に並んでいる時間がないからと、新たな窓口を開くように航空会社と交渉し、成功。

これをみた他の中国人が列を無視して各窓口の後ろに勝手に並び始めた。
おとなしく最初の列に並んでいたのは、あっけにとられた外国人だけだった。

いかに効率良く行列をさばくかというのは、オペレーションマネジメントという科目でMBAにて習うが、オペレーションマネジメントの教授もびっくりのマネージメントである。こうなるとルールはないのである。

f:id:ceibs2018:20170404210435j:plain

(わかるだろうか、列に1列にちゃんと並んでいる人達と、勝手にカウンターに並んでいる人達がいる。)

西安につくと、ホテルに荷物を置いて、前乗りしていた同級生たちと合流し、昼飯。
この昼飯のクオリティをみて、筆者のこの旅行の楽しみの一つにグルメが追加された。
台湾同級生に旅行を企画してもらった時も感じたが、MBA同級生による旅行と、普通のツアーとかで行く旅行で一番の違いは「グルメ」と「ロジスティックス」だと思っている。
西安出身のグルメなMBA同級生推奨のお店である。間違いあるはずがない。
また、現地のロジを知り尽くした同級生が最適なタイミングで車の手配をしてくれ、また混雑しているときは地下鉄で移動をするので、全く無駄がない。
参考までにこの時の料理を紹介。

 

f:id:ceibs2018:20170404210440j:plain

なぜつるされているかはなぞ。

f:id:ceibs2018:20170404210451j:plain

もちもち激ウマ。

f:id:ceibs2018:20170404210501j:plain

f:id:ceibs2018:20170404210509j:plain

全体感。

f:id:ceibs2018:20170404210558j:plain

f:id:ceibs2018:20170404210526j:plain

↑お店のホームページ

醉长安书院门56号8728182876地址,电话,价格

 

その後、西安の城をサイクリング。ここらへんは普通のツアーと同じである。
西安の城はとにかくでかい。
軽い気持ちでサイクリングを始めると途中で1周(14キロある)するのに心が折れるので注意が必要である。

f:id:ceibs2018:20170404210517j:plain

そして西安の街で食べ歩き。初日の時点で、羊肉は上海より大きいし、大分うまいことを確信する。

f:id:ceibs2018:20170404210447j:plain

f:id:ceibs2018:20170404221302j:plain

f:id:ceibs2018:20170404221309j:plain


そこで見た目はめっちゃ悪いのに、激ウマだった食事の第一弾に出会う。

小酥肉である。

http://www.mafengwo.cn/poi/2696.html

f:id:ceibs2018:20170404213623j:plain

ご飯との相性バツグン。
残念ながら日本語の情報が検索しても全然ヒットしなかったのだが、お店はこちら。

定家小酥肉↓

http://www.mafengwo.cn/poi/2696.html

 

一通りお腹一杯食べたところで、バーに移動。
ちなみに食べ歩きをしていたエリアではお酒を飲むことが出来ない。

この日はビールだったが、基本的に中国人同級生と飲むときは、何かしらのゲームをして、一気飲みするというのが定番である。

この日も、旅行初日ということで皆テンションが上がっていたこともあり、たくさん飲むべく、長時間ゲームをした。
ゲームと言っても日本の大学生がやるようなものである。

聞き手と逆手でしか酒を飲んではいけない、人を指差してはいけない、一人称、二人称、三人称を使ってはいけない(中国語でこれは激ムズである)等など。ルール違反したら一気飲みをするという日本のテ○サーの飲み会と同じようなもんである。

f:id:ceibs2018:20170404210549j:plain