CEIBS MBA日記

CEIBS MBA日記

2016年夏から中国、上海のChina Europe International Business Schoolに挑戦する日本人のブログです。本ブログの記事は個人の見解であり、所属する組織や団体とは一切関係なく、組織の公式見解等を示すものではありません。

CEIBS Pre Courseスタートしました!!

月曜日からCEIBSの英語と中国語のPre Courseが始まった。自分は復旦大学の最後のテストの関係で水曜日の午後からの参加となってしまった。中国語のPre Courseは中国語の勉強を今までほとんどしたことがない外国人(インド、韓国、ドイツ、アメリカ、南アフリカ等々)が25名程、英語のPre Courseは韓国人3人、日本人1人(筆者)、他20人程中国人という構成である。

 

今年のCEIBSの外国人の同級生で一番多いのが韓国人とインド人でそれぞれ10名強ずついる。そのほとんどがどちらかのPre Courseに参加しているので中国人に次ぐ巨大勢力である。

 

早速Pre Course初日には韓国人の同級生が、Pre Couse初日の夜にKorean Nightと称して大規模な飲み会を開催してくれた。自分も授業には参加していなかったが、飲み会だけ参加した。

 

f:id:ceibs2018:20160703170912j:plain

 

韓国人の同級生と北京大学の面接の時に一緒だったらしく、覚えていないと言ったら標的にされて、コールをかけてられてひたすらマッコリを飲まされた。

ちなみにこのKorean Nightに触発された形でインド人同級生がIndian Nightを来週の金曜日に開催してくれることになった。

むむ、Japan Nightもやらねば、、、

 

さて水曜日の午後から英語のPre Courseに参加した。4つのグループに分けられ、毎週グループは変わる。毎週金曜日にケーススタディのプレゼンをグループ毎に発表する。

Pre Courseの授業の1日の流れは大体以下のようになる。

  • 9時~11時:リスニング。アメリカのテレビ番組を皆で見てディスカッション
  • 11時〜13時:課題が与えられて即興で昼一に各自もしくはグループでプレゼンをする。そのプレゼンの準備。
  • 13時〜15時:グループ、もしくは各個人でプレゼン、講評
  • 15時〜17時:金曜日のケーススタディの発表の準備をグループ毎にする。

 

授業はここで終わりだが、発表の準備のために大体毎日11時くらいまではグループで準備して、そこから各自プレゼンの練習をしていた。

 

Pre CourseはきっとMBAが始まる前の仲良くなるための期間で、お遊びみたいなものだろうと完全に油断して参加してしまったため、とても面食らった。また皆流暢な英語で完璧なプレゼンをするので、自分のプレゼン、英語力のレベルの低さにいきなり愕然としてしまった。朝3~4時くらいまでは練習をしたもののプレゼンの場になると英語が飛んでしまう。とにかくもっと努力しなければと強く思った。

ただクラスメートはとても良いやつばかりで、今週のチームも時に厳しいことを言われたりもしたけれどとても良いメンバーだった。自分は足を引っ張ってばかりだったけど最初の金曜日のプレゼンでは見事優勝することが出来、その打ち上げランチにヨーグルトで乾杯!

f:id:ceibs2018:20160703170618j:plain

Pre Course 2週目はどうなることやら。。。