CEIBS MBA日記

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

CEIBS MBA日記

2016年夏から中国、上海のChina Europe International Business Schoolに挑戦する日本人のブログです。本ブログの記事は個人の見解であり、所属する組織や団体とは一切関係なく、組織の公式見解等を示すものではありません。

中国で自転車は買うものではなく、共有するもの(チャリンコ戦争の真実)

上海ライフ

今週、来週と毎日複数のレポートの締切、試験があり、Term 1のようなクレイジーな生活を送っている。


MBAに入る前は、今日は早く寝て8時間寝ようとか、今日は遅くまで飲んでしまったから5時間しか寝れないとか、睡眠は基本的には纏めてとるのが前提だったが、筆者の場合は、MBAが始まってから多忙になればなるほど、24時間の中でどこで寝れる時間があるかと探して、隙間隙間で睡眠を分割してとるようになってしまった。
授業とグループミーティングまで1時間隙間時間があるからここで寝ようとかという具合にである。これもキャンパス内の寮に住んでるから出来る芸当だが、睡眠は夜にとるというものから24時間のどこかでとるものという認識に変わった(体にはきっと良くない)。

ものすごい勢いで変わり続ける上海

 

この数ヶ月の間にも上海の景色は大きく変わった。
中でも、自転車共有サービスはこの数ヶ月で完全に中国人の生活の一部に溶け込み、なくてはならないものになった。

ceibs2018.hatenablog.com

先週家族が来たので、外滩付近のホテルに泊まっていたところ、そのホテルの周りにもたくさんの自転車が!
そんな上海の表参道みたいなところにもあちらこちらに共有チャリが止まっている。

f:id:ceibs2018:20170304133104j:plain

f:id:ceibs2018:20170304133115j:plain

ちなみにいつの間にか、本当にいつの間にか、気づいたらCEIBSの目の前にもMobikeのステーション(ここでチャリンコを乗り捨てましょう、という場所)が出来ていた。

 

同じようなサービスを提供するcompetitorが次々と現れ、今やmobikeだけの独占市場では完全になくなった。

CEIBSの教授もこの戦争についてFTに記事を書いているので紹介したい。

Mobike takes funding lead in Chinese cycle sharing

 

一気にレッドオーシャンへ

 

下の写真は友人のスマホの画面だが、このアプリ全てがチャリンコ共有アプリである。

f:id:ceibs2018:20170125000406p:image

mobikeに次いで大きいのがofoというアプリである。名前の由来はofoの文字がなんとなく自転車に見えることらしい。

f:id:ceibs2018:20170125003327p:image

f:id:ceibs2018:20170125003318p:image

f:id:ceibs2018:20170125003322p:image

サービスは基本的にはmobikeと同じ、特徴としては自転車がとても軽いということがあげられる。前の記事で記載した通りmobikeの一つの問題点は自転車が重すぎるということであった。

 

実はofoの攻勢を受けて、mobikeも大量に軽量化されたチャリンコを投入した。その結果今重いmobikeのチャリと軽いmobikeのチャリと二種類が存在している。間違っても重い方に乗ってはいけない。

利用者としてはこのような競争大歓迎である。

 

なぜ昨年夏に始まったばかりのチャリンコ共有サービスがここまで普及して、次々と新しい会社が参入してくるのか、

 

それはチャリンコ共有アプリが流行れば、それだけ自転車が必要になる。そこで、サプライヤー(自転車メーカー)が起業家に出資したり、積極的に後押しした結果、半年足らずでこの数にまで至ったわけである。

 

そして何より中国政府はこの手の競争を大歓迎している。

Mobike vs OFO

日本でもこの二社が中国でチャリンコ共有サービスでバトルを繰り広げているのを知っている人はいるかと思うが、中国人はこの二社のバトルをまた違った角度でみて、楽しんでいる。

それはこの二社のバトルが、タクシーアプリのDidi vs Uberの戦いを思わせるからである。

www.nikkei.com

最終的には中国企業Didiに軍配が上がったこの勝負。

実はMobikeの創業者胡玮炜は元々Uber上海のGMだった人物↓。
f:id:ceibs2018:20170304143722j:plain

そしてofoのバックにはUberをぶち破ったDidiが出資者としてついているのである。(創業者 戴威↓)

f:id:ceibs2018:20170304144047p:plain

 


つまりこの戦いは、Uber vs Didiの第二ラウンドとしても注目を集めている。

f:id:ceibs2018:20170304143647j:plain


ちなみにMobikeのバックには中国最大のインターネット企業、Tencentがついている。皮肉にも、TencentはDidiをずっと長らくサポートしている。
また、ofoのバックには、Didiの他に、Xiaomiもついている。
今後もチャリンコ戦争から目が離せない。


不眠症と交換留学

MBAライフ

Term3は前半と後半に別れており、今週末で丁度前半戦が終わる。各選択科目のレポートやプレゼンが集中しており、久々にタフな期間である。
筆者は前半で戦略の授業(Judo Strategy)とHRの授業をとった。昨日HRの最終プレゼンが終わりホット一息ついている。

不眠症

MBAに入学してから、数カ月に一度、不定期で一週間位不眠症に陥る。この期間はどんだけ泥酔しても寝ることが出来ないし、全然眠くならない。
MBA入るまではこのような経験は全くなく、むしろ寝付きも睡眠の質もかなり良い方だと思うが、気付かないところでたくさんプレッシャーを感じていたのかもしれない。
実際寝れなくても日中の集中力が落ちるようなことはないのだが、目の下に大きなクマが出来てしまい、周りに隠すことが出来ないのが辛い。

スペインに渡ったサッカーの柴崎選手のヤフーニュースを見て、わかるわかる、人間って実はかなり繊細だよね。おれも一緒だよ。と頷いているMBA生は結構多いのではないだろうか。

自分自身の一日も早い不眠症からの回復と共に、柴崎選手の一日も早い復帰を祈っている。

島離れた柴崎 近日中に復帰か | 2017/2/21(火) 20:47 - Yahoo!ニュース

 

選択科目

 

Term3から選択科目が取れるが、授業中の真剣度等は、今までのTerm1、Term2と比べるとかなり落ちたと感じた。
理由は、以前もブログ内で述べた通り、

  • Term2までの成績で交換留学先が決まること。
  • 奨学金の条件がTerm2までの成績となっている場合が多いこと
  • インターン等他の活動に目を向ける同級生が増え始めること
  • 海外からの交換留学生が加わること

最後の点は、新たに付け加えたが、CEIBSは世界中の多くの有名MBAスクールと提携している。中国のMBAスクールといったらCEIBSなので、中国を知るために皆交換留学で3ヵ月程度海外のMBAスクールから来るのだが、このチャンスを逃すまいと皆旅行等様々な活動に熱を入れ、授業にはあまり重きを置いていない学生も一定数いる。

それでも面白いのは、Kelley School of Businessから交換留学で来ているアメリカ人はこれがアメリカ国外に出るのは初めての経験といっており、上海では基本的に全く英語は通じないのだが、街中での苦労話などを楽しそうに話しているのを聞いていると、彼にとってとても良い経験なんだろうなと思う。

筆者も交換留学をもくろんでいる

 

CEIBSにたくさんの交換留学生が来るのと同様に、CEIBSからも交換留学にたくさんの学生がいく。
交換留学は成績(50%)+エッセイ(という形で今までの学校への貢献度を測る、50%)で上から決まっていく。第三希望まで書くことが出来る。

先日トライアルビットという形で、誰がどういう学校に興味があるのかという調査の趣旨でのビッドが行われたが、欧米のトップ校は半端ない倍率となる。
特にINSEADは今年もランキング1位だったこともあり、たくさんの猛者が応募するようである。

本番のビッドではトライアルで人気だったところを皆避けるから、逆に人気が落ちる!等独自の理論を展開しだす同級生も現れる。

筆者はというと、はっきり言って成績はとても平凡である。
しかしながら、学校への貢献度を測る(Service Hours)で学年で一番なことが発覚した(下のグラフの一番左が筆者)。
成績で一番になることは残念ながら出来ていないが、このような形で一番になれて率直に嬉しい。様々な学校のイベントにアクティブに参加し、ブログ含め学校への貢献を認めてもらえた。

f:id:ceibs2018:20170221233125p:plain

これがどの程度、交換留学先の選定に影響されるのかは不明だが、いくらかプラスとなることを信じて、猛者との欧米ドリーム校留学争奪戦に参戦するか、今週末に決めなければならない。

CEIBSサマーブートキャンプのお知らせ

イベント

毎年恒例の夏に行われる、CEIBSブートキャンプのお知らせです!
今年は7月4日から9日まで開催されるようです。
昨年も数名の日本人が参加しておりました。
CEIBSのみならず、MBAに興味のある方は実際の授業の雰囲気等を感じるには良い機会だと思いますので、是非是非ご検討下さい!

 

www.youtube.com

 

CEIBS Summer Pre-MBA Boot Camp

f:id:ceibs2018:20170219230205p:plain

Now going into its fifth year, the CEIBS Summer Pre-MBA Boot Camp is the ideal programme to let you “get your toes wet” before you take the plunge. As part of an elite group of participants, you will have a unique opportunity to come to Shanghai for one week to live and experience China and the CEIBS MBA to the fullest.

For many students, the decision to study an MBA in China means entering uncharted waters. The CEIBS Summer Pre-MBA Boot Camp is a one stop destination to understand China both inside and outside of the classroom. The programme will expose you to our MBA curriculum with some of our most distinguished professors, as well as let you dive right into Shanghai life and China business, giving you a real feel of how things are done in this part of the world.

Requirements and Application Process

The programme is open to a limited number of Chinese and international applicants who are considering an MBA degree in the near future.  You must be either currently enrolled or have graduated from an accredited undergraduate university programme anywhere in the world, preferably with a minimum of one year work experience. Space is limited, and offered on a first come first serve basis.  Your application will be evaluated and upon initial approval you will be invited for a brief 15 minutes phone / Skype interview.  To begin the application process please click here.

Programme Details

Dates:  July 4 – July 9 2017 (5 full days, check-in July 4, check-out July 9)
Location: CEIBS Shanghai Campus
Accommodation: On-campus 4*executive dorm facilities single occupancy (space very limited, once full you will be offered our full-time dorms which are more basic). Private accommodation at a nearby apart-hotel is also available at an additional charge.
Cost: 9900 RMB/ 1350 Euros*. Payment should be wired through the bank with the account information in admission notice email.
Early Bird Discount -15% by May 10, 2017
Applicants with a valid GMAT score above 600 will receive an extra 20% off from the programme fee.
Boot Camp participants are qualified for CEIBS MBA application fee waiver.
Deadline:  June 9, 2017

For further inquiry, please contact James Kent kjames@ceibs.edu

Click to download the program flier

*Refund Policy- 70% up to four weeks prior to commencement of programme. 60% up to two weeks. No refund two weeks prior to the commencement of the course.

For those paying in foreign currency, please note that the programme fee must be paid in full to CEIBS. The School must receive the indicated amount in full, and will NOT bear any bank service charges and exchange losses. Fees must be paid within two weeks after receiving our Admission letter.